乱交パーティーに参加すると個人情報が流失する!

個人情報に話をする前に言いたいことがあります。

それは、第一条件として乱交パーティーは違法性が高いです。
その理由は、乱交パーティーは犯罪です!にも書きましたが、

公然わいせつ罪に引っかかるからです!

では、どうすれば公然わいせつ罪に引っかからずに乱交パーティーを開けば良いのでしょうか?

それは、

不特定多数

という用語にあります。
不特定多数とは、

特にこれと定まった性質

を指します。

乱交パーティーで言えば、それぞれの男女が身元が分からない他状態で参加している事になります。

これでは、公然わいせつ罪ですよね?

逆に言えば、

身元がはっきりすれば、不特定多数というカテゴリーから外れるじゃね?

そういう解釈もできます。

これと似たものが存在していて、それは

AV撮影です!

AVにも企画者として乱交物などが多く発売されています。

乱交パーティーがだめならなぜ、性行為が収められているAVでは、公然わいせつ罪に引っかからないのでしょうか?
それは、身元がハッキリ分かっていて、契約がきちんと結ばれているからです。

つまり、AV撮影の乱交ものは、不特定多数という欄に入らないと言えます。
そんなの変じゃない?

と言われても、私も変だと思いますが、そういう風に日本はなっています。

そこを逆手に取ったのが、乱交パーティー主催者です。

AVのように、乱交パーティー前に面接して、免許証もコピーを取れば、不特定多数というカテゴリーに抜けるのではないか?
と考えたのです。

そのため、現在でもひっそりと残っている、乱交パーティー掲示板の募集では、

参加条件として、身元が分かる身分所の提示が必須となっていたりします。

ってことは、乱交パーティーって合法なの!!

って思う人ちょっと待ってください。
あなた本当に、わけのわからないサークルに身分証を預けるのですか?

身分証を出すということは個人情報を相手に渡すという行為

身分証は重要です。
これが分かれば、あなたの住所や名前が判明してしまいます。
あなたが既婚者であれば、乱交パーティーの参加の発覚は絶対に隠さなければなりません。

しかし、1度情報が渡ってしまえば、自分の手の届かない所で情報がリークされているかもしれません。

また、情報管理がしっかりしているとは限りません。
第三者の手でどこかに流れているかもしれません。

はたまた、違法性が見つかり、現行犯でなくてあなたは芋づる式で逮捕されてしまうかもしれません。

それって、

とっても怖くないですか??

あなたは、個人情報を渡した瞬間、わけの分からない組織に人生を委ねているのと同じなのです。

乱交パーティー主催者は何者なのか?

「乱交パーティー 掲示板」などで募集を探すことは出来ても、そもそも主催者は何者なのでしょうか?
多くの場合、「無職男」と書かれている事が多いのですが、一部はヤクザや暴力団関係の資金源になっていると言われています。

こんな人達に、個人情報を渡して本当に良いのか?

について今一度考えて欲しいのです。

個人情報を提示しても良いケースは存在するのか?

基本的にはないです。
本当に合法的に乱交パーティーを開きたいなら、あなたが信用できる友人たちを集めるしかありません。
そのような乱交パーティーならば、そもそも個人情報を提出などは必要ないからです。

個人情報の提出で人生が180度変わるリスクを考えた上で、参加するか決めましょう。

売春防止法違反はクリアしていない

主催者は、公然わいせつ罪のみを対策していますが、もう1つの売春防止法違反は防ぎきれていません。
つまり、いくら身元が分かっても、金銭が発生している以上、違法性が消えることはないのです。
対策として、スィートルームなどの高い部屋を貸し切り、正当な金額をアピールしますが、警察が張り込まれていた場合、その言い訳は通用しません。

あくまで、客側に対する建前でしかありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする